協会ニュース

ウクライナ情勢を読み解く 大学出版部の書籍

2022-04-27 13:19

大学出版部協会の加盟出版部で刊行されている「ウクライナ情勢」関連書籍を紹介します。
書名をクリックすると、各出版部のホームページの詳細情報のページに移動します。
(下記掲載情報は、2022年4月現在)

北海道大学出版会
弘前大学出版会
東北大学出版会
慶應義塾大学出版会
専修大学出版局
中央大学出版部
東京大学出版会
法政大学出版局
武蔵野大学出版会
名古屋大学出版会
名古屋外国語大学出版会
京都大学学術出版会
大阪大学出版会
関西大学出版部
関西学院大学出版会
九州大学出版会


【北海道大学出版会】

〈スラブ・ユーラシア叢書〉
北東アジアの地政治
米中日ロのパワーゲームを超えて

岩下明裕編著
3,850円(税込) 2021年刊 978-4-8329-6875-2

追跡 間宮林蔵探検ルート
サハリン・アムール・択捉島へ

相原秀起著
2,750円(税込) 2020年刊 978-4-8329-3406-1

〈現代宗教文化研究叢書〉
アジアの公共宗教
ポスト社会主義国家の政教関係

櫻井義秀編著
6,820円(税込) 2020年刊 978-4-8329-6860-8

〈スラブ・ユーラシア叢書〉
紅い戦争のメモリースケープ
旧ソ連・東欧・中国・ベトナム

越野 剛・高山陽子編著
3,520円(税込) 2019年刊 978-4-8329-6845-5

〈ブックレット・ボーダーズ〉
世界はボーダーフル
岩下明裕著
990 円(税込) 2019年刊 978-4-8329-6852-3

ソヴィエト・ロシアの聖なる景観
社会主義体制下の宗教文化財、ツーリズム、ナショナリズム

高橋沙奈美著
8,250円(税込) 2018年刊 978-4-8329-6839-4

ボーダーツーリズム
観光で地域をつくる

岩下明裕編著
2,640円(税込) 2017年刊 978-4-8329-3397-2

サハリンに残された日本
樺太の面影、そして今

斉藤マサヨシ著
4,620円(税込) 2017年刊 978-4-8329-3396-5

ことばと暴力
政治的なものとは何か

中村研一著
8,250円(税込) 2017年刊 978-4-8329-6738-0

ロシア極東 秘境を歩く
北千島・サハリン・オホーツク

相原秀起著
3,080円(税込) 2016年刊 978-4-8329-3398-9

〈ブックレット・ボーダーズ〉
稚内・北航路
サハリンのゲートウェイ

井澗 裕編著
990 円(税込) 2016年刊 978-4-8329-6827-1

〈スラブ・ユーラシア叢書〉
北西ユーラシアの歴史空間
前近代ロシアと周辺世界

小澤 実・長縄宣博編著
3,960円(税込) 2016年刊 978-4-8329-6821-9

米ソ核軍縮交渉と日本外交
INF問題と西側の結束 1981-1987

瀬川高央著
8,250円(税込) 2016年刊 978-4-8329-6818-9

ロシア連邦憲法体制の成立
重層的転換と制度選択の意図せざる帰結

溝口修平著
5,500円(税込) 2016年刊 978-4-8329-6801-1

科学の参謀本部
ロシア/ソ連邦科学アカデミーに関する国際共同研究

市川 浩編著
13,750円(税込) 2016年刊 978-4-8329-8224-6

〈ブックレット・ボーダーズ〉
「見えない壁」に阻まれて
舛田佳弘/ファベネック・ヤン著
990 円(税込) 2015年刊 978-4-8329-6813-4

アジア・太平洋のロシア
冷戦後国際秩序の模索と多国間主義

加藤美保子著
6,600円(税込) 2014年刊 978-4-8329-6809-7

領土という病
国境ナショナリズムへの処方箋

岩下明裕編著
2,640円(税込) 2014年刊 978-4-8329-6792-2

千島列島をめぐる日本とロシア
秋月俊幸著
3,080円(税込) 2014年刊 978-4-8329-3386-6

図説ユーラシアと日本の国境
ボーダー・ミュージアム

岩下明裕・木山克彦編著
1,980円(税込) 2014年刊 978-4-8329-6806-6

総覧 東欧ロシア史学史
ニーデルハウゼル・エミル著/渡邊昭子他訳
11,000円(税込) 2013年刊 978-4-8329-6764-9

20世紀ロシアの開発と環境
「バイカル問題」の政治経済学的分析

徳永昌弘著
6,600円(税込) 2013年刊 978-4-8329-6774-8

〈スラブ・ユーラシア叢書〉
ポスト社会主義期の政治と経済
旧ソ連・中東欧の比較

林 忠行・仙石 学編著
4,180円(税込) 2011年刊 978-4-8329-6740-3

複数のヨーロッパ
欧州統合史のフロンティア

遠藤 乾・板橋拓己編著
3,520円(税込) 2011年刊 978-4-8329-6749-6

イルクーツク商人とキャフタ貿易
帝政ロシアにおけるユーラシア商業

森永貴子著
8,800円(税込) 2010年刊 978-4-8329-6730-4

ロシア帝国の膨張と統合
ポスト・ビザンツ空間としてのベッサラビア

志田恭子著
3,520円(税込) 2009年刊 978-4-8329-6705-2

多様性と可能性のコーカサス
民族紛争を超えて

前田弘毅編著
3,080円(税込) 2009年刊 978-4-8329-6702-1

石油・ガスとロシア経済
田畑伸一郎編著
3,080円(税込) 2008年刊 978-4-8329-6695-6

近代東北アジアの誕生
跨境史への試み

左近幸村編著
3,520円(税込) 2008年刊 978-4-8329-6700-7

〈スラブ・ユーラシア叢書〉
創像都市ペテルブルグ
歴史・科学・文化

望月哲男著
3,080円(税込) 2007年刊 978-4-8329-6673-4

アジアに接近するロシア
その実態と意味

木村 汎・袴田茂樹編著
3,520円(税込) 2007年刊 978-4-8329-6681-9

ロシア帝国民族統合史の研究
植民政策とバシキール人

豊川浩一著
10,450円(税込) 2006年刊 978-4-8329-6611-6

北樺太石油コンセッション 1925-1944
村上 隆著
9,350円(税込) 2004年刊 978-4-8329-6471-6

サハリン大陸棚石油・ガス開発と環境保全
村上 隆編著
17,600円(税込) 2003年刊 978-4-8329-6371-9

ロシア革命と東方辺境地域
「帝国」秩序からの自立を求めて

西山克典著
7,920円(税込) 2002年刊 978-4-8329-6281-1
 


【弘前大学出版会】

EU統合の流れの中で東欧はどう変わったか
政治と経済のミクロ分析

髙橋 和/秋葉 まり子 著
2,310円(税込) 2010年刊 978-4-902774-65-8
 


 
【東北大学出版会】

戦争と人道支援
戦争の被災をめぐる人道の政治

上野 友也
3,300円(税込) 2012年刊 978-4-86163-181-8

戦争の哲学
自由・理念・講和

横地 徳広
3,960円(税込) 2022年刊 978-4-86163-367-6
 


 
【慶應義塾大学出版会】

プーチンのユートピア
21世紀ロシアとプロパガンダ

ピーター・ポマランツェフ 著/池田 年穂 訳
3,080円(税込) 2018年刊 978-4-7664-2512-3

暴政
20世紀の歴史に学ぶ20のレッスン

ティモシー・スナイダー 著/池田 年穂 訳
1,320円(税込) 2017年刊 978-4-7664-2438-6

秘密の戦争
共産主義と東欧の20世紀

ティモシー スナイダー 著/松井 貴子 訳/梶 さやか 解説
4,950円(税込) 2021年刊 978-4-7664-2770-7

自由なき世界 上
フェイクデモクラシーと新たなファシズム

ティモシー・スナイダー 著/池田 年穂 訳
2,750円(税込) 2020年刊 978-4-7664-2665-6

自由なき世界 下
フェイクデモクラシーと新たなファシズム

ティモシー・スナイダー 著/池田 年穂 訳
2,750円(税込) 2020年刊 978-4-7664-2666-3

赤い大公
ハプスブルク家と東欧の20世紀

ティモシー・スナイダー 著/池田 年穂 訳
5,060円(税込) 2014年刊 978-4-7664-2135-4

ブラックアース 上
ホロコーストの歴史と警告

ティモシー・スナイダー 著/池田 年穂 訳
3,080円(税込) 2016年刊 978-4-7664-2350-1

ブラックアース 下
ホロコーストの歴史と警告

ティモシー・スナイダー 著/池田 年穂 訳
3,300円(税込) 2016年刊 978-4-7664-2351-8

戦後国際関係史
二極化世界から混迷の時代へ

モーリス・ヴァイス 著/細谷 雄一・宮下 雄一郎 監訳
3,850円(税込) 2018年刊 978-4-7664-2534-5

入門講義 戦後国際政治史
森 聡・福田 円 編著
2,860円(税込) 2022年刊 978-4-7664-2793-6
 


 
【専修大学出版局】

武力紛争における国際人権法と国際人道法の交錯
髙嶋 陽子
3,520円(税込) 2015年刊 978-4-88125-294-9
 


 
【中央大学出版部】

〈日本比較法研究所研究叢書117〉
ロシア-タタルスターン権限区分条約論
小杉末吉
5,610円(税込) 2019年刊 978-4-8057-0817-0
 


 
【東京大学出版会】

ウクライナ・ナショナリズム
独立のディレンマ

中井 和夫
7,920円(税込) 1998年刊 978-4-13-036093-7

〈UP plus〉
新興国から見るアフターコロナの時代
米中対立の間に広がる世界

川島 真 編/ 池内 恵 編
1,650円(税込) 2021年刊 978-4-13-033302-3

ヴェールのなかのモダニティ
ポスト社会主義国ウズベキスタンの経験

帯谷 知可
6,820円(税込) 2022年刊 978-4-13-026171-5

国際関係研究の方法
解説と実践

鈴木 基史 編/ 飯田 敬輔 編
4,290円(税込) 2021年刊 978-4-13-030181-7

国際連盟と日本外交
集団安全保障の「再発見」

樋口 真魚
5,720円(税込) 2021年刊 978-4-13-026353-5

ヨーロッパの政治
歴史政治学試論

篠原 一
3,520円(税込) 1986年刊 978-4-13-032021-4

国際関係史
16世紀から1945年まで

有賀 貞
4,180円(税込) 2010年刊 978-4-13-032213-3

〈UP選書016〉
外交
H.ニコルソン/ 斎藤 真 訳/ 深谷 満雄 訳
3,080円(税込) 1968年刊 978-4-13-005016-6

国際連盟
国際機構の普遍性と地域性

帶谷 俊輔
6,380円(税込) 2019年刊 978-4-13-036274-0

国際関係論講義
山影 進
3,080円(税込) 2012年刊 978-4-13-032217-1

グローバル・ガバナンス論講義
鈴木 基史
3,190円(税込) 2017年刊 978-4-13-032226-3

国際機構論入門
山田 哲也
2,860円(税込) 2018年刊 978-4-13-032224-9

現代国際関係史
1945年から21世紀初頭まで

有賀 貞
3,850円(税込) 2019年刊 978-4-13-032228-7

国際法からみた領土と日本
柳原 正治 編/ 兼原 敦子 編
5,280円(税込) 2022年刊 978-4-13-036156-9

国際法
岩沢 雄司
4,840円(税込) 2020年刊 978-4-13-032391-8

国連が創る秩序
領域管理と国際組織法

山田 哲也
5,060円(税込) 2010年刊 978-4-13-036140-8

領域権原論
領域支配の実効性と正当性

許淑娟
9,680円(税込) 2012年刊 978-4-13-036143-9

国際法と憲法秩序
国際規範の実施権限

松田 浩道
5,500円(税込) 2020年刊 978-4-13-036154-5

〈シリーズ国際関係論1〉
国際社会の秩序
篠田 英朗
2,750円(税込) 2007年刊 978-4-13-034251-3

〈シリーズ国際関係論2〉
平和と安全保障
鈴木 基史
2,750円(税込) 2007年刊 978-4-13-034252-0

〈シリーズ国際関係論3〉
国際政治経済
飯田 敬輔
2,750円(税込) 2007年刊 978-4-13-034253-7

〈シリーズ国際関係論4〉
国家の対外行動
須藤 季夫
2,750円(税込) 2007年刊 978-4-13-034254-4

〈シリーズ国際関係論5〉
国際関係論の系譜
猪口 孝
2,750円(税込) 2007年刊 978-4-13-034255-1

民族自決と民族団結
ソ連と中国の民族エリート

熊倉 潤
8,360円(税込) 2020年刊 978-4-13-036278-8

忘却する戦後ヨーロッパ
内戦と独裁の過去を前に

飯田 芳弘
5,060円(税込) 2018年刊 978-4-13-030165-7

不戦条約
戦後日本の原点

牧野 雅彦
3,850円(税込) 2020年刊 978-4-13-030168-8

東大塾 社会人のための現代ロシア講義
塩川 伸明 編/ 池田 嘉郎 編
3,300円(税込) 2016年刊 978-4-13-033073-2

ロシア・シオニズムの想像力
ユダヤ人・帝国・パレスチナ

鶴見 太郎
5,720円(税込) 2012年刊 978-4-13-016032-2

現代ロシアの政治変容と地方
「与党の不在」から圧倒的一党優位へ

油本 真理
7,920円(税込) 2015年刊 978-4-13-036254-2

都市を上映せよ
ソ連映画が築いたスターリニズムの建築空間

本田 晃子
3,740円(税込) 2022年刊 978-4-13-061143-5

タタールのくびき
ロシア史におけるモンゴル支配の研究

栗生沢 猛夫
9,790円(税込) 2007年刊 978-4-13-026130-2

現代ロシアの貧困研究
武田 友加
8,140円(税込) 2011年刊 978-4-13-046105-4

ソ連のコメコン政策と冷戦
エネルギー資源問題とグローバル化

藤澤 潤
8,800円(税込) 2019年刊 978-4-13-026163-0

国家の解体
ペレストロイカとソ連の最期

塩川 伸明
41,800円(税込) 2021年刊 978-4-13-036282-5

ロシア法
小田 博
6,380円(税込) 2015年刊 978-4-13-036145-3

ロシアと日本
自己意識の歴史を比較する

東郷 和彦 編/ A.N.パノフ 編
4,840円(税込) 2016年刊 978-4-13-020305-0

日中戦争と中ソ関係
1937年ソ連外交文書邦訳・解題・解説

河原地 英武/平野 達志 訳著/ 家近 亮子/川島 真 監修/ 岩谷 將 監修
6,600円(税込) 2018年刊 978-4-13-020307-4

〈ユーラシア世界〉
ユーラシア世界1〈東〉と〈西〉
塩川 伸明 編/ 小松 久男 編/ 宇山 智彦 他編
4,950円(税込) 2012年刊 978-4-13-034281-0

〈ユーラシア世界〉
ユーラシア世界2 ディアスポラ論
塩川 伸明 編/ 小松 久男 編/ 沼野 充義 編
4,950円(税込) 2012年刊 978-4-13-034282-7

〈ユーラシア世界〉
ユーラシア世界3 記憶とユートピア
塩川 伸明 編/ 小松 久男 編/ 沼野 充義 編
4,950円(税込) 2012年刊 978-4-13-034283-4

〈ユーラシア世界〉
ユーラシア世界4 公共圏と親密圏
塩川 伸明 編/ 小松 久男 編/ 松井 康浩 他編
4,950円(税込) 2012年刊 978-4-13-034284-1

〈ユーラシア世界〉
ユーラシア世界5 国家と国際関係
塩川 伸明 編/ 小松 久男 編/ 沼野 充義 編
4,950円(税込) 2012年刊 978-4-13-034285-8
 


 
【法政大学出版局】

〈サピエンティア52〉
ロシアの愛国主義
プーチンが進める国民統合

西山美久
3,960円(税込) 2018年刊 978-4-588-60352-5

〈りぶらりあ〉
戦争論
われわれのうちにひそむ女神ベローナ

ロジェ・カイヨワ
3,300円(税込) 2013年刊 978-4-588-02271-5

ロシア変動の構図
エリツィンからプーチンへ

下斗米伸夫
2,970円(税込) 2001年刊 978-4-588-62203-8

帝国・〈陰謀〉・ナショナリズム
「国民」統合過程のロシア社会とバルト・ドイツ人

山本健三
5,170円(税込) 2016年刊 978-4-588-37603-0
 


 
【武蔵野大学出版会】

国際政治の構造と展開
浅川公紀
3,630円(税込) 2014年刊 978-4-903281-25-4
 


 
【名古屋大学出版会】

飢餓の革命
ロシア十月革命と農民

梶川伸一
13,200円(税込) 1997年刊 978-4-8158-0333-9

ロシア史を読む
マルク・ラエフ/石井規衛訳
4,620円(税込) 2001年刊 978-4-8158-0422-0

海のロシア史
ユーラシア帝国の海運と世界経済

左近幸村
6,380円(税込) 2020年刊 978-4-8158-1008-5

帝国・身分・学校
帝制期ロシアにおける教育の社会文化史

橋本伸也
9,900円(税込) 2009年刊 978-4-8158-0627-9

現代ロシア経済
資源・国家・企業統治

安達祐子
5,940円(税込) 2016年刊 978-4-8158-0828-0

ロシア革命論Ⅰ
M・ウェーバー/雀部幸隆・小島定訳
6,600円(税込) 1997年刊 978-4-8158-0317-9

ロシア革命論Ⅱ
M・ウェーバー/肥前栄一・鈴木健夫・小島修一・佐藤芳行訳
8,800円(税込) 1998年刊 978-4-8158-0345-2

帝政ロシア司法制度史研究
司法改革とその時代

高橋一彦
9,900円(税込) 2001年刊 978-4-8158-0399-5

黒海地域の国際関係
六鹿茂夫 編
6,930円(税込) 2017年刊 978-4-8158-0863-1

三つの世界の狭間で
西欧・ロシア・オスマンとワラキア・モルドヴァ問題

黛 秋津
6,160円(税込) 2013年刊 978-4-8158-0720-7

グローバル冷戦史
第三世界への介入と現代世界の形成

O・A・ウェスタッド/佐々木雄太監訳
7,260円(税込) 2010年刊 978-4-8158-0643-9

国際政治史
世界戦争の時代から21世紀へ

佐々木雄太
3,080円(税込) 2011年刊 978-4-8158-0671-2

戦争違法化運動の時代
「危機の20年」のアメリカ国際関係思想

三牧聖子
6,380円(税込) 2014年刊 978-4-8158-0782-5

法と力
戦間期国際秩序思想の系譜

西平等
7,040円(税込) 2018年刊 978-4-8158-0919-5

大陸反攻と台湾
中華民国による統一の構想と挫折

五十嵐隆幸
5,940円(税込) 2021年刊 978-4-8158-1034-4

南シナ海問題の構図
中越紛争から多国間対立へ

庄司智孝
5,940円(税込) 2022年刊 978-4-8158-1054-2

ネイションとエスニシティ
歴史社会学的考察

A・D・スミス/巣山靖司・高城和義他訳
4,620円(税込) 1999年刊 978-4-8158-0355-1

体制移行の政治経済学
なぜ社会主義国は資本主義に向かって脱走するのか

中兼和津次
3,520円(税込) 2010年刊 978-4-8158-0636-1
 


 
【名古屋外国語大学出版会】

〈NUFS WORKS 1〉
サミットがわかれば世界が読める
高瀬淳一 著
814円(税込) 2015年刊 978-4-908523-01-4

〈NUFS WORKS 5〉
牧畜を人文学する
シンジルト、地田徹朗 編著
2,200円(税込) 2021年刊 978-4-908523-29-8

〈NUFS WORKS 6〉
現代ヨルダン・レポート
アラブの女性たちが語る慣習・貧困・難民

佐藤都喜子 著
2,200円(税込) 2021年刊 978-4-908523-32-8

〈学術図書〉
ドストエフスキー 表象とカタストロフィ
亀山郁夫・ 望月哲男・ 番場俊・ 甲斐清高 編
3,300円(税込) 2021年刊 978-4-908523-33-5
 


 
【京都大学学術出版会】

〈近代社会思想コレクション〉
永久平和論 1
サン-ピエール/本田裕志 訳
5,720円(税込) 2013年刊 978-4-87698-296-7

〈近代社会思想コレクション〉
永久平和論 2
サン-ピエール/本田裕志 訳
4,840円(税込) 2013年刊 978-4-87698-370-4
 


 
【大阪大学出版会】

模索するロシア帝国
大いなる非西欧国家の19世紀末

竹中浩
5,280円(税込) 2019年刊 978-4-87259-687-8
 


 
【関西大学出版部】

米軍基地問題の基層と表層
髙作 正博
3,300円(税込) 2019年刊 978-4-87354-685-8

アメリカが生む/受け入れる難民
大津留(北川)智恵子
2,310円(税込) 2016年刊 978-4-87354-639-1
 


 
【関西学院大学出版会】

NATOの東方拡大
中・東欧の平和と民主主義

荻野 晃
3,520円(税込) 2012年刊 978-4-86283-107-1

19世紀ポーランド社会経済史
ウッジにおける企業家と近代社会の形成

藤井 和夫
4,180円(税込) 2019年刊 978-4-86283-289-4
 


 
【九州大学出版会】

20世紀ロシア史と日露関係の展望
議論と研究の最前線

松井康浩 編
3,740円(税込) 2010年刊 978-4-7985-0012-6

ペレストロイカ
ソ連・東欧圏の歴史と現在

高田和夫 編
3,080円(税込) 1991年刊 978-4-87378-269-0

帝国法制秩序と樺太先住民
植民地法における「日本国民」の定義

加藤絢子
4,180円(税込) 2022年刊 978-4-7985-0327-1

日本における地政学の受容と展開
高木彰彦
4,070円(税込) 2020年刊 978-4-7985-0280-9

〈九州大学人文学叢書 10〉
戦争と平和、そして革命の時代のインタナショナル
山内昭人
4,620円(税込) 2016年刊 978-4-7985-0174-1

夕闇の時代
大戦間期のイギリスの逆説

リチャード・オヴァリー/加藤洋介 訳
7,920円(税込) 2021年刊 978-4-7985-0314-1

コメントは受け付けていません。